1.知床 カムイワッカの滝 95点

アイヌ語で【神の水】というこの滝は、噴出した温泉水がカムイワッカ川に流れ込み滝壺が天然露天風呂となっています。 2005年7月14日に世界遺産に登録された知床半島のほぼ中央にある活火山である硫黄山を源流とする温泉の川にいくつもの滝が連続し、それぞれの滝壺が野趣溢れる天然の露天風呂となっており、野湯とも表現される。設備などのない豪快な秘湯で、水着着用で行くのがベター。現在、落石の危険があるため「一の滝」までの立ち入りとなり、水温が低いため入浴不可。知床林道は補修工事のため一般車両の通行は禁止だが、夏期はカムイワッカまでのシャトルバスが運行予定。

JR知床斜里駅→斜里バス知床ウトロ温泉行きで55分、終点下車、斜里バス知床五湖行きに乗り換えて10分、バス停:知床自然センター前下車、シャトルバスに乗り換えて50分、バス停:カムイワッカ湯の滝下車、徒歩5分