5.船からみる知床峠 85点

知床岬(しれとこみさき)は国立公園内の特別保護地区として厳重な管理下におかれており、一般観光客の立ち入りはできないようになっている。知床岬を望むには、ウトロ港から出ている知床観光船や自然観察船などに乗り、海上から望むこととなる。 岬上は標高30〜40mの台地で、周辺は断崖。その断崖を流れるフレぺの滝(乙女の涙)、男の涙、カムイワッカ湯の滝などの有名な滝が多数あり、大地の雄々しさを感じることができる。 また、知床岬にはウミウ、オジロワシ、オオワシなどの天然記念物の野鳥のほか、アザラシ、トド、ヒグマも生息しており、自然のままに生きている姿を見ることができる。